Be clear, Be smartPerformance Marketing Network on Blockchain

keyboard_arrow_down

About EARNET

EARNETは、従来のアフィリエイト広告(Performance Marketing)における課題を、
ブロックチェーンをはじめとする次世代のテクノロジーにより解決することを目指した、
今までにないインターネット広告プラットフォームです。

Intro Movie


Technology to Support EARNET

  • Blockchain

    広告の成果に関連する様々な要素をブロックチェーンに記録します。

    広告に対するアクションと成果の日時はもちろん、成果の種類、成果承認の可否と理由などをブロックチェーン上に残すことで、透明性のあるネットワークを築きます。

  • AI

    人の手が介在する成果判定については、AIによる機械学習技術により成果判定作業の簡略化、自動化を行います。

    これにより、広告成果の判定に通話内容の解析や端末の位置情報などを利用できるようになり、今までにない広告の成果の種類を生み出します。


Known Issues Current System

  • Low Transparency

    低い透明性

    属人的、かつ手動による作業により、広告の成果が不透明

  • High Margins

    高い中間手数料

    従来の広告マーケットからの慣習として残る中間手数料の存在

  • Slow Payment

    遅い報酬支払いサイクル

    支払いサイクルの遅さや、報酬を受け取るために必要な最低金額設定による支払い遅延


Solution EARNET Solution

  • 1高い透明性

    EARNETでは、広告の成果を形成する様々な要素をブロックチェーンに刻みます。成果日時はもちろん、成果点、承認の可否と理由などがブロックチェーン上に残ることで、透明性のあるネットワークが築かれます。対人でのコミュニケーションに依存する成果に関しては、AIによる成果の解析を行います。

    高い透明性

  • 2安い中間手数料

    従来のアフィリエイト広告には、『メディア(個人も含む)』と『広告主』の存在と、間を取り持つ中間業者(ASP)が存在します。中間業者による管理は必要不可欠なものですが、AIやスマートコントラクトによる成果判定・報酬条件の自動化や、支払いにトークンを採用することにより、極限まで手数料を削減します。

    安い中間手数料

  • 3早い報酬支払いサイクル

    『広告主』『中間業者』『メディア』の3者が存在するがゆえに、アフィリエイト広告の支払いサイクルは遅延しています。また、最低支払金額の存在により、小規模なメディア、個人ブログなどは受け取ることができていない報酬が残されています。EARNETでは承認と同時にトークンで報酬が支払われるのでウォレット間の転送時間のみで素早い報酬支払が行われます。

    早い報酬支払いサイクル


Service

EARNET SYSTEM

EARNETは『広告主』と『メディア』を直接的に繋ぎ、
非中央集権的な広告マーケティングを実現するプラットフォームです。

EARNETトークンは『広告主』の広告を『メディア』が掲載し、
『閲覧者』がその広告に対して行ったアクション(例えば、購入や申し込みなど)が
『広告主』の成果として承認と判定された場合、『広告主』から『メディア』に対して払い出しが行われます。

承認と判定されたタイミングで、『広告主』のウォレットから『メディア』のウォレットへ、
『広告主』が設定した数量や割合のEARNETトークンが送金されます。

EARNETを非中央集権的な広告マーケットに保つために、『Quality Control』による品質管理が行われます。
『Quality Control』は複数の参加者により構成され、広告の品質チェックをはじめとする作業の報酬として
EARNETトークンを受け取ることができます。


Member

  • Yoshihiro Horiguchi

    Yoshihiro Horiguchi CEO

  • Norito Higa

    Norito Higa CTO

  • Daiki Masumura

    Daiki Masumura CMO

  • Ryuta Endo

    Ryuta Endo COO

  • Kazumitsu Minato

    Kazumitsu MinatoBlockchain Engineer

  • Jun Kanai

    Jun KanaiFront-end Engineer

  • Yuko Watanabe

    Yuko WatanabeDesigner

  • Kei Yamamura

    Kei YamamuraTechnical Manager


Partners


Road Map

2018

2018 4Q

α版EARNET Release

2019

2019 2Q

β版EARNET& Release

2019 4Q

EARNET & α版AI,GPS Tracking機能 Release

2020

2020 1Q

Ai,GPSTracking機能 Update


Media

  • MarkeZine

  • RBBTODAY

  • ZDNet Japan

  • PRESIDENT Online

  • 東洋経済オンライン


NEWS


News Letter